私は長財布派です。シーンを選ばないシンプルな物がベストです。

お財布には長財布と折りたたみとありますが、みなさんはどんな形がお好きですか?
お財布にはお金はもちろんカードやレシート、ポイントカードなど入れるのでどんな財布にするか自分の使い方で決めたいですね。
私が好きな形は長財布です。
理由はたくさんありますが、まずはお札を折りたたむことなくしまえるところです。
二つ折りや三つ折りなどのタイプはお札がおなかのところで折り曲げられるので形が崩れてしまいます。
またお札を出し入れする際も長財布の方がスッと取ることができ、たくさんお札が入っているときでもスマートに出し入れができます。

1つ前は長財布のファスナー付きを利用していました。
ファスナーを開くと中がすぐ見えますし、カード入れも数が多いので重宝しています。
女性は特にポイントカードや買い物したレシートを入れる方も多いと思うのでお勧めです。
また、男性の方は折りたたみが多いと思いますがスマートな大人な男性を目指すならば小銭いれがない長財布がおすすめです。
また長財布であればビジネス、フォーマルなどシーンを選ばないということです。
フォーマルな時ほど鞄をなかなか持ち歩けないのでコンパクトな二つ折りの物が良いかと思われがちですが、二つ折りはあまりふさわしくないのです。

フォーマルな場面で使いやすいのも高い財布のメリットになります。
ブランド物の財布は基本的にスーツに合いますよね。
また値段が高いものは基本的に作りがしっかりしていて、耐久性に優れていることが多いです。
長く愛用することを考えるならある程度の値段の財布を検討したほうが良いかもしれません。
出典:安い財布はあまり良くない?ある程度のものであれば十分かも?|メンズ長財布セレクト

今使用している財布は、非常に気に入っています。すこし大げさですが、やっとこんな財布に出会えたと思える位です。
先ず、財布をポケットに入れるのが嫌なので、大きくても長くても構わないと思っています。
次にお札を曲げたく無い事です。出来ればお札入れが2か所あるのが好ましいです。
そして小銭は小銭入れで持ち歩きたいので、小銭の収納は小さい物が良いと言う点とホックやマジックテープでは無く、かぶせ蓋のタイプのものです。
そしてポイントカードやクレジットカード等のカードホルダーが付いている事。

私の好みの条件にピッタリあった財布が見つかり、迷わず購入しました。
スマートフォン等もポケットに入れるのが嫌なので、いつも小さめのバッグを持っているのですが、大きさも丁度良く色も気に入っています。
実際購入して使用してみると不満な出てくるのでは無いかと思っていましたが、今の所100点満点です。
カードも必要最な10枚ほど収納出来る、お札入れが2個所ある、小銭入れの所にもファスナーが付いていて、そこまで大きくない、スーツやコートの裏ポケットに入れてもそんなに目立たずコンパクトなので気に入っています。
やっと出会えた財布なので、汚さない様に気を付けて使っています。

本革財布を持つ意味について

財布の基本的な形で代表されるのは、二つ折財布か長財布だと思います。
みなさんどちらの財布を選ぶのでしょうか。
二つ折財布はコンパクトに収めることができます。
反面二つ折財布だと、お札が曲がってしまうためにお札をきれいに収納することはできません。
長財布だとお札が曲がらないのできれいに収めることができますが、大きいので場所を取ってしまいますね。

私は去年頃から「風水」に興味を持ち始め、自分のできる範囲で 生活の中に風水を取り入れています。
ある風水師の方が「お財布はお札を入れる物と小銭を入れる物を分けたほうがよい」と言われていて、その事に興味を持った私は、長財布と小銭入れを使うようになりました。
実際に使ってみますと、最初のうちはお財布を2つにした事に戸惑ってしまいましたが、そのうちに慣れ始め また「小銭」という物をいっそう大切にする気持ちになりました。
以前ですと 数百円の買物でもお札で支払った時もあったのですが、小銭入れを持ってからは まず「小銭が無いかな?」と確認するようになったのです。
また、お札に関してましても 長財布の中が紙幣だけになりましたので、とてもすっきりした感じになりました。
風水で 少なからず「金運が良くなればよいな」と思い 財布を使い分けをしてみたのですが、「お金が増える」というだけではなく「お金を大切にする」という気持ちに改めて気づきましたので、良かったと思っています。

風水でみると長財布が最も金運を招き寄せるそうです。
これにはいくつか理由があって、紙幣を折り曲げないこと、財布の中に十分なスペース・ゆとりを設けることが重要なんだとか!
また長財布+小銭入れで運用する方も多く、これも風水的に良いそうです(紙幣と小銭は属性が異なるので別々が良いらしい)。
出典:こだわりの本革長財布セレクト

財布を日々使うということは手に触れるということです。
そんな手に触れるものだから材質にもこだわりたいと思うのです。
私は革製品が大好きなので、できる限り財布は本革でそろえるようにしています。
なぜ革なのかについてその魅力を説明すると、まず手になじむ感覚がたまらないという点です。
人の手もいわば皮です。自身の手で革製品を触るのは、とても自然でなんの抵抗も感じないとおもっています。
なかには革製品の独特なにおいが苦手な人もいると思うけれど、においが気にならないのであれば、革財布を持つ意味は十分あると思います。
もうひとつの魅力は革の経年変化です。革製品は天然素材故同じ商品でも個体差があり、生前の傷やシワなどがそのまま残って製品として流通している場合があります。
完璧を求める人にはこういった個体差を受け入れられない人もいるかもしれませんが、それはいわば個性といえるのではないでしょうか?
毎日手に触れる財布は触れることで、持ち主の手になじみやがて手放せない相棒のような存在になりえると思います。

お気に入りの財布

私が今使っている財布は、革製のもので値段も結構しました。
今まで使っていた財布は、グッチやコーチなどのブランド品が多かったのですが、ずっと使っていると飽きてしまったので財布を変えることにしました。
今使っている財布は長財布でとても使いやすいなぁと感じています。
すぐにお札も小銭も取り出せますし、カードの収納もベストです。
ポイントカードなどはあまり持つタイプではないので、必要最低限でちょうど良いです。
財布は一年に一度新しいものに買い替える人もいますが、私は気に入った財布を見つけるとしばらくずっと使い続けます。
革製の財布だと使っている月日が長くなればなるほど、皮にも味が出てきて自分の使いやすいように馴染んでくれます。
私は今使っている財布がとても気に入っているので、これからもずっと大切に使っていこうと思っています。
お財布は毎日持ち運び使うものなので、自分の気に入ったものや使いやすいものを選ぶのがいいと思います。

長財布と二つ折り財布は両方持っておくと便利

昔は財布は利便性が重視で、ナイロン製の二つ折り財布やワゴンセールの安財布を利用して古くなったら捨てていました。
しかし、ある程度身なりを気にするようになると、さすがにそういった子供が使うような財布からは卒業をしました。

お高めの財布を選ぶときに迷ったのが、長財布と小銭入れのセットを使用するか、二つ折りの財布を使用するかの選択です。
前者であればいかにも大人な余裕がある自分演出できますが会計時に札入れと小銭入れを別々に取り出すのがとにかく面倒ですね。
特に雨で傘を持っているとき。対して後者はひとつで札と小銭に対応できるので、もたつくことが無く非常に利便性が高いです。
携帯性についても長財布はたいてい小銭入れを別に持たなければならないので、かさばる上に尻ポケット等に入れておくと、財布とズボンの両方がこすれて痛んでしまうのが難点で、夏場などは別途かばんが必要になることも多いです。
ポケットや財布の痛みは二つ折りでも同様ですが前者に比べればましで、携帯性が優れているので安心かつ手ぶらで買い物にいけるのは、やはり捨てがたい魅力です。
ということで悩んだ末、私は長財布と二つ折り財布の両方を所有して、TPOに合わせて使い分けています。
注意点はお金は分散しても、免許や保険証を入れておく財布はどちらかに決めておくのが良いです。都度入れ替えると高い確率でとても面倒なことになること請け合いです。

お気に入りの財布を長く使う

今愛用している財布は、3年前に新婚旅行で行ったイタリアで購入したハンドメイドのレザーの長財布です。
その前に愛用していたのは、学生時代にバイト代を貯めて初めて買ったブランド品であるGUCCIの長財布でした。
財布は毎年変えた方が金運が上がるという話も聞きますが、私は思い入れのある財布を長く使うようにしています。
財布は毎日持ち歩くものなので、気に入ったものを使いたいと思っています。そして、綺麗な状態を保つように心がけています。
外側も内側もです。財布にレシートがたまっている人はお金が貯まらないという話を聞いたこともあり、レシートは毎日必ず出すようにしています。
習慣にして仕舞えば苦にもなりません。お札の向きを揃えることも忘れません。
放っておくとついポイントカードが増えてしまいがちなので、定期的にカードを全部出して必要のないカード、使わなくなったカードは処分するようにしています。
これだけでも、財布はかなり整頓された状態を保つことができます。
そうすると気分もいいですし、いつまでもお気に入りのまま使うことができます。